人がいきいきと生きていくためには

いきいきと生きるためには、衣食住が足りているだけでは十分でなはありません。 やはり社会の一員として、何かの役割をもちたい。 認知症になっても、仕事を持って働きたい、働いたからには、少しでもいいから賃金をもらいたく、自分にもできることがまだあると自信をもちたい。 賃金はもらえなくとも、駅,公園の清掃のボランティアなど、人の役ににたてることを通してして人は自分の存在理由をたしかめたいものです。 認知症になっても、できることをして存在理由を確かめながら生きるていきたい気持ちは、普通の人より人一倍つよいです。 これからは、重度の人の介護だけてなく、軽度の認知症のひとが、いかに楽しく生活できるかを、どのように生活支援をしていくかが、今後の課題です。   社会の一員と認められたく、仕事がしたい。   アートセラピーで絵を描きたい。   沖縄旅行がしたい。   スポーツが好きな人は家の外に出て、スポーツがしたい。   演劇や、コンサートにいきたい。