チーム★だいじょうぶネット

2012年1月アーカイブ

無気力感からの脱出

まさ

長い間、無気力、無力感で、生活に張りがありませんでしたが、1日聖書20ページを読み、1日7000歩、歩く目標を立ってそれを実行したら、生活に張りがでてきました。
みなさんも、ささやかな目標を立てて、それお実行して、充実感、満足感を味わってみませんか。

クリスティーンからのメッセージ

おきた


『NPO シルバー総合研究所会報 知恵の輪11号(2012.2.1発行)より転載』

NPOシルバー総合研究所 http://www.silver-soken.com/

 

その後の私

 

クリスティーン・ブライデン

 みなさんのニュースレターにこうして寄稿させていただくことになりとても光栄です。皆さんの住む美しい国日本を最後に訪れたのはかれこれ数年前になりますが、今年の後半に再びお邪魔できればと思っています。2003年に初めて来日してから、日本ではそれは多くの変化が起こり、人々の態度は変化し、認知症の人たち自身も声をあげるようになりました。

しかし私自身にとっては2007年の札幌訪問以降、非常につらい日々が続きました。札幌でのクライマックスはポールによれば(私の記憶は真っ白です!)後藤さんと川窪ご夫妻に出会えたこと。そしてその後、二組のご夫妻はオーストラリア・クイーンズランド州まで訪ねてきてくれ、現地のケアギバーやスタッフに大きな影響を与えてくれました。ところが私自身は当時、暗澹たる気持ちで毎日を送っていたのです。気分はそれまでになく落ち込んでおり、目の前の(後藤さん川窪さん来豪の)素晴らしい光景を十分に吸収することができずにいたのです。数年に渡り、食べることも集中することも難しく、実行機能のますますの衰えを感じていました。体重も減り、心配する気持ちばかりが増し、ただ毎日を過ごしていくことに必死でした。しかし2010年の後半になると再びポールの勧めで旅をすることを考え始め、母の90歳の誕生日をイギリスで過ごした後、ギリシアに向かい、国際アルツハイマー病協会(ADI)会議に参加しました。そこで再会できたのは世界中の友人たちでした。そう、日本を含む温かい笑顔の様々な国の友人たちに出会えたのです。

そして昨年の3月、トロント国際会議での開会演説依頼を受け、再び出かけることになり、イギリスとベルギーの家族・親族に会うことができました。また、アルツハイマー病運動の同志たちと再会できる喜びは、その直前に知ることとなった日本での大震災、津波そして原発事故によってややトーンダウンしてしまいました。それでも私は日本がどれだけの進歩を遂げることができたか、ADI加盟国としてどれだけ人々の認知症の人たちに対する態度を変えることができたかの事例を話させていただきました。我々はもはや認知症老人として扱われるのではなく、認知障害のある人たちとしてきちんと敬意を払ってもらいながら語られるようになったのです。

2008年そして2009年というつらい2年を経て体調が回復したものの、ここ2年間も私にとって非常につらい2年でした。長年認知症や様々な病気と闘病した母が2010年に他界し、叔母も短期間のがん闘病の末、亡くなりました。私自身の闘病が容赦なく続く中、その喪失感と悲しみを乗り越えるのは容易なことではありません。

日々の生活を送ることがますます難しくなる中、ポールの忍耐力はますます求められるようになってきました。先のことを計画することはおろか、今朝あるいは昨日のことも思い出すことができないうえ、明瞭に思考すること、はっきりと話すことすらできない自分に激しく苛立ちを感じます。それがどんな気持ちかを説明するのは容易ではありません。流れていく時間の中で自分自身がどこにいるのかを把握し、自分は今何をやっているべきなのか、ましてやたった今自分が何をやったのかを考えることに苦闘しなければならないのです。

 

言葉はまさに支離滅裂になって発せられます。まったく意味をなさないことすらあります。いったいポールがどうやって私が言おうとしていることを理解するのか私にもわかりません。文字を書くと走り書きになってしまいます。様々な文字が脈略なく書かれていく。お金の勘定ももうできませんし、パソコンでの家計管理もよくミスをしてしまいます。そんな中、ポールは本当に見事に接してくれます。なんとか続けられるようにと励まし続けてくれ、なるべくできることを私にやらせようとしてくれます。こんなことを言うのも恥ずかしい限りですが、日々生活していくための苦闘があまりにひどく、限界を超えると叫んで大声をあげて罵倒し、まるで駄々っ子のようになってしまうこともあります。それでもポールは私のそばにいてくれることにただ感心するばかり!

そして今、私は三冊目の本にむけてメモをとったり、アイディアをまとめたりと計画を練っています。2冊目の本を2004年に執筆して以来、多くのことがありキャッチアップしなければならないことがたくさんあります。それは気が遠くなるような困難な課題ではありますが、私の脳の動きを活性化させ、神経可塑性を活発化させてくれるはずです。最新の脳スキャンではかなり損傷の進行が見られますが、ご覧のとおり、まだものを書いたり話をしたりすることができます。もちろん、あまり明瞭でないときもありますけどね!今、常にその配線が切れていく中でも、脳内の再配線をしようと懸命です。ですから、下り坂一直線というわけではなく、変化と挑戦に満ちたジェットコースターのような生活です。

今年の後半、日本の皆さんにお目にかかれるのを楽しみにしています。

クリスティーン

2012年1月

 

謹賀新年

まさ

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

どう生きるか
認知症になると、できなくなることも多いが残された機能も多い。残される機能は、人によって、非常に異なります。
自分の気持ち感情を言葉に表せず、暴力を振るう人もいますが、全部の認知症の人が周辺症状と呼ばれる症状が現れるのではありません。
人間の価値を有用性だけで価値がきまるのでなく、人間は自分で生きているのではなく、神様によっていかされているので、自分は認知症になって無価値の存在だと卑下したりする必要はありません。
失われた機能に目を向けるのではなく、残された機能に目をむけて生きることが大切である。
私は毎週教会に通い、礼拝に出席して心の平安を得ていますので、将来への不安はありません。
私は、認知症になって不便なことは増えましたが、決して不幸ではありません。

次の聖書のことばを信じて試練をのりこえてきました。
あなたがたの会った試練はみな人の知らないようなものではありません。神は真実なかたですから、あなたがたを耐えることのできないような試練にあわせるようなことはなさいません。むしろ、耐えることのできるように、試練とともに、脱出の道も備えてくださいます。                  コリント人への手紙 第一 10章13節

最近のコメント

QRコード

だいじょうぶネットではブログを書いてくださるメンバーを募集しています。

「ブログを書いてみたい」と思われる方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。「ユーザーID」と「パスワード」を発行させていただきます。

コメントは(登録なしで)どなたでも書いていただけますので、どんどんお寄せください。