生きるのは義務だ

本か読めなくなり、つくづく、「失しなわれた機能に目をむけるのではなく、残された機能に感謝して生きる」ことの難しさを痛感しています。 本が読めないため、三浦綾子の自叙伝「道ありき」の朗読CDを買ってきてききました。その一節に「生きるのは義務だ」とありました。なるほどだと思いました、生きるのは「義務」だから、どんなに苦しくとも生きなければならないのです。苦難に打ち勝ち、力強く生き抜きましょう

荒川の桜

皆様 お元気ですか。 さくらの季節になりました、早起きして荒川の土手の桜を見ながら1キロ散歩してきました。