私の使命

私の使命がまとまりました。
読んでいただければ、感謝です。

私の使命は、認知症になったら何もわからなくなるという誤解を解き、認知症でも適切な支援があれば、普通にくらせることを示すことだと、思います。

色々な支援

・認知症になると、道が分からなくなるが、案内人がいて、認知症当事者を目的地まで案内していただければ、認知症当事者も自由に外出することが出来きありがたい。
・買い物のとき、商品がどこにあるかがわからない。認知症当事者が買い物リストを持っていき、商品の棚まで案内してくれる買い物を手助けしてくれる人がいれば、自由に買い物することが出来る。支払いも手伝ってくれて、小銭を使って支払いの援助をしていただき、小銭が財布にたまらないようになればありがたい。
・交通機関で降りる駅を間違える。降りる駅が記入されているカードを持ち歩き、隣の人に、降りる駅が来たら指示してもらえばありがたい。
・コンサートとか、劇場でトイレの場所がわからなく迷う、同じ趣味の人を見つけて、一緒に楽しんでもらえばありがたい。
・レストランで注文したメニューを忘れてしまう。同席した人に注文したメニュを管理してもらえばありがたい。
・認知症当事者に趣味を理解して、展覧会、イベントの情報、四季の公園の花の開花情報集めて、イベントに誘っていただければ、ありがたい。

上記のような援助があれば、認知症当事者が自由に外出でき、豊かな暮らしをおくることができる。ご支援よろしくお願します。支援をうけたら「ありがとう」と言葉にして感謝の気持ちを伝えることが大切だとおもいます。

そのためには、一緒に同行して楽しんでくれる、パートナー〈複数が望ましい〉の存在が不可欠ではないでしょうか。一緒に物事を楽しんでくれる人をさがしています。よろしくお願いします。