思い煩いをやめましょう

私は、今年の5月に不眠症になり、自分で自分がコントロールできなくなったらどうしようかとゆう不安に襲われました。主治医に睡眠薬をだしてもらい、それ以上わるくなりませんでした。人生を送るなかで、不安はたくさんありますが、最悪の事態にはめったに起こりません。いつも最悪ことばかり考えていると、こころが沈みうつ状態になるので最悪の状態になるとは限らないと考えましょう。最悪の状態になったときに、そのときにどうするかを考えればよいのです。手ににおえないときは成り行きにまかせましょう。取り越し苦労はやめましょう。どうしても不安なときは、次の聖書のことばを読み上げて、神にいのりましょう。思い煩うことは人生の浪費です。

あなたがたの会った試練はみな人の知らないようなものではありません。神は真実なかたですから、あなたがたを耐えるこのできないような試練にあわせるようなことはなさいません。むしろ、耐えることのできるように、試練とともに、脱出の道も備えてくださいます。

コリント人への手紙第一10章13節

あなたがたの思い煩いを、いつさい神にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです。

ペテロの手紙 第一 5章7節

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です