クリスチャンになると死への恐れがなくなる

人生の最大の恐れはなんでしょう。それは死への恐怖です。 死ぬのが怖いとゆうのが、多くの人の感情です。 キリスト教では、私たちクリスチャンの国籍は天にあり死後天国にいけることが約束されています。この約束があるからこそ私たちクリスチャンは死を恐れず毎日を元気にいきることができます。私がアルツハイマー型認知症になっても、元気に暮らせるのは、このおかげです。 聖書では繰り返し、地上の人生を外国での一時的生活にたとえています。クリスチャンは、人生に対する考え方において、未信者と一線をかくしています。未信者は地上のことばかり考えているので心配がなくなりませんが、私たちクリスチャンは、イエス・キリストが住んでおられる天の国民であることを確信していますので、死を恐れません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です