こんな認知症サポーターを望む

この前、急に携帯電話に迷惑メールが来るようになりました、友人よりメールアドレスの変更の仕方をおそわり、アドレスを変更してことなきをえました。 認知症でも軽症ならば、パソコンも携帯電話も使えます、ただし普段あまり使わない機能は忘れてしまいます。そのようなと、それをサポートしてくれる認知症サポーターが必要です。介護のことは、介護のプロに任せて生活の質をたかめる、情報ボランティアのニーズがこれから増えます。 ワードを打つことができるが、できた文章をグループにして、新しいフォルダに整理するとか、SUBメモリーに保存することができない、こんなパソコン利用者はたくさんいると思います。私もそんな利用者です。 デジカメにしても、日付設定ができなかったり、使い方がわからなかったりします、こんなときマニュアルを読んで、使い方を教えてくれる、サポーターを大募集しています。 ケアマネジャーに望むことは、自分がパソコン、デジカメ、携帯電話、などの操作がわからなくても、その操作を知っている人を紹介してくれることを望む。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です