人生の意味

私は配送途中で地図を見て、配送先商品を届けた後、車に戻るに道わからなくなったり、電話番号が短期記憶できなくなり固定電話からの電話がスムーズにできなくなり、精神科を受診して、認知症と診断されました。     認知症と診断されてかろ、記憶に障害が起きることがわっかていましので、毎日の自分の行動をノートに記録をとるようになりました。マイナスの記録ばかり記録するようになり、不安が不安をよび体調くずしました。 自分で自分がコントロールできなくなりました。     このような試練をくぐったのち、神様にすべてを委ねることができるようになりました。     しばらくたったのち、この試練で自分の人格が成長していることに気がつきました。     人生の意味とは     試練に会い、人格を磨くために生かされているということだと学びました。 私たちは、神様に生かされているので、自分勝手に生きているのではなく、神様を礼拝するように作られている。神様にそむいて、自分勝手に生きることは罪であると考えるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です