認知症への偏見をなくしたい

認知症への偏見が多すぎで、医者も本人に、認知症ですと告げることにちゅうちょしますが、認知症で症状はひとそれぞれで、軽い認知症のうちならば生活にちょと困ります手助けがあれば一人でも生活できます。症状が軽いうちに注意することを医師よりアドバイスをうけ症状を悪化させないことが大切であると思います。 認知症に対する偏見をなくし、医師がちゅうちょなく、本人に認知症ですと告げて、認知症本人も認知症への偏見に傷つけられることなく、治療に専念できる日が早く来ればよいですね。

1 Comment

  1. かんちゃん says:

    こんばんは。
    先日コメントさせていただいたかんちゃんです。認知症になったら人間関係が変わると聞いてましたが、まさかと思う人まで変わってしまい、ショックを受ける母の姿に掛ける言葉も見つかりません。病状も悪くなるのではと胸を痛めています。認知症の理解が深まらないと本人もですが家族も病気に向かい合っていく力を削がれてしまいます。良いアドレスなどあればお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です