ニュース

支援事業実践報告会のお知らせ2009:11:14:17:04:33

カテゴリ

2009年12月6日(日)に「本人ネットワーク支援事業実践報告会」を行います。

「認知症を知り地域をつくる」キャンペーン
本人ネットワーク支援事業実践報告会
認知症の人の社会参加を考える

認知症は誰にでも起こりうること。認知症になった時、冷たい視線におびえたり、迷惑をかけないように必要以上に自分を抑えたりすることなく、まわりの人たちとつながりを持ちながら、自分の力を活かして自分らしく生き続けたいというのは、誰しも共通の願いです。このような願いに応える取り組みがはじまっています。認知症の人の思い、実践報告から、認知症になった時に社会の一員として暮らし続けることを考えます。

本人の発表 「わたしの思い」 山本きみ子・雅英 氏(家族)
シンポジウム

認知症の人の今とこれから ---- 生きがいと社会参加

シンポジスト
  • 松木香代子 氏(社会福祉法人守里会 デイサービスセンター侶〈とも〉)
  • 吉川浩之 氏(有限会社なでしこ)
  • 梅原早苗 氏(若年認知症支援の会・愛都の会)
  • 勝田登志子 氏(認知症の人と家族の会 富山県支部)
コーディネーター
  • 松本一生 氏(松本診療所ものわすれクリニック院長)
日 時 2009年12月6日(日)13:30 〜 16:00
開催場所

立命館大学 以学館 1号ホール

京都市北区等持院北町56-1
立命館大学衣笠キャンパス
TEL : 075-465-8149

市バス50系統 JR京都駅前→「立命館大学前」下車すぐ 市バス205系統 阪急電鉄西院駅→「衣笠校前」下車徒歩10分
定員 200名
参加費 無料
申込先 本人ネットワーク支援委員会
〒602-8143 京都市上京区堀川通丸太町下る
京都社会福祉会館2階
(TEL)075-811-8195 (FAX)075-811-8188
申込期限 2009年11月25日(水)
※ただし、定員になり次第締め切り。
申込方法 チラシ裏面に記入し、FAXまたは郵送にて、事務局「認知症の人と家族の会」まで。
支援事業実践報告会チラシ(PDF : 60KB)

【主催】本人ネットワーク支援委員会
事務局 : 社団法人認知症の人と家族の会
〒602-8143 京都市上京区堀川通丸太町下る
京都社会福祉会館2階
(TEL)075-811-8195 (FAX)075-811-8188

厚生労働省 老人保健事業推進費等補助事業

最近のニュース

掲示板一時書き込み制限のお知らせ2013:11:23:22:10:54
いたずらの書き込みが急激に増えたため、一時的に掲示板の書き込みを一時制限させてい…
本人ネットワークの2010年の活動についてアップしました2011:10:11:14:52:52
本人ネットワーク(本人交流会)の2010年の活動について、アップしました。 活動…
シリーズ 認知症と向き合う(4)「本人交流会の現場から」再放送のお知らせ2011:09:12:20:49:23
NHK教育テレビ(Eテレ)で、9月8日(木)に放送されました、シリーズ 認知症と…
本人ネットワーク支援事業報告会のお知らせ2011:02:06:18:40:35
2011年3月5日(土)に「本人ネットワーク支援事業報告会」を行います。 「本…
認知症・本人のメッセージや作品を募集!2010:12:11:18:07:10
「認知症を知り地域を作るキャンペーン」の一環として、認知症の本人同士の交流(ピア…